脳ドックのご案内

守る健康から攻める健康へ
脳の健康について、いま考えてみましょう

当院脳ドックは、日本脳ドック学会の認定施設となっております(認定NO 10070)。
日本脳ドック学会 http://jbds.jp/

千葉脳神経外科病院の脳ドックとは

MRI(磁気共鳴断層撮影)・MRA

MRI(磁気共鳴断層撮影)・MRA脳ドックは、脳に潜む異常を高度な医療検査機器を用いて早期発見し、脳卒中や認知症の発症を未然に防ぐ、脳専門の健康管理システムです。
当院の脳ドックは、小さな病巣も見逃さないよう緊密なプログラムが組まれています。MRI*、MRAの画像診断を中心に充実した検査内容で脳卒中のリスクをしっかり調べます。およそ40分の検査のあと、ただちに日本脳神経外科学会認定の脳神経外科専門医が診察結果を詳細に説明し、健康相談にも応じます。
受付からお帰りになる時間は約2.5時間です。

*MRIでは脳実質の様子を確認します。MRAでは血管走行の確認や動脈瘤の有無の確認を行います。

3万3千人以上の受診実績(平成27年7月現在)

当院で脳ドックを受診されたデータを分析したところ約4割の人に脳に異常所見が見つかりました。詳細は、「症例」をご覧ください。
異常のほとんどが自覚症状のない脳梗塞。脳ドックは、そんな脳に潜む異常を、高度な医療機器を用いて早期発見し、予防的な治療を行ってあなたの脳の健康を守ります。

脳ドックの流れ

~受付から検査結果までわずか2.5時間~

受診前

1 予約

お電話でのご予約
TEL 043-250-1228
受付時間 平日 9:00~17:00
フォームでのご予約
予約と空き状況

※ご契約団体により申込方法が異なる場合があります。詳しくはご所属の団体にお問い合わせください。

2 準備

事前書類をご送付いたします。問診票にご記入ください。

当日

1 受付

1 受付

総合受付窓口に問診票をご提出ください。
お時間になったら、脳ドック担当者がドック待合室にご案内します。
ご契約団体の方で受診利用券が発行されている場合は、脳ドック担当者がお預かりします。

2 更衣

2 更衣

ロッカールームにて検査着に着替えます。腕時計や貴金属も外してください。
私物はロッカーに入れ、鍵を掛けてください。

3 身体測定・血圧測定

3 身体測定・血圧測定

自動測定器で身長・体重を同時に測定します。
自動血圧計で収縮期/拡張期血圧・脈拍を計測します。

4 血液検査・尿検査

4 血液検査・尿検査

採血して血液の成分を調べます。
検尿コップに採尿してください。

5 MR検査

5 MR検査

技師の指示でMR室にお入りください。
MR検査中は大きな連続音がしますので、ヘッドホンで音楽を聴きながら検査をします。
MRI・MRA合わせて20分程度で終了します。
できるだけ身動きせずに検査台に横になっていてください。

6 心電図

6 心電図

狭心症・心筋梗塞・心房細動・心臓の検査をします。

7 頸動脈エコー

7 頸動脈エコー

頸動脈の動脈硬化の程度と血栓の付着の有無を調べます。

8 TCD(頚頭蓋骨脳血管ドップラー)

8 TCD(頚頭蓋骨脳血管ドップラー)

脳の中大動脈の狭窄や閉塞を調べるために、脳の血流の速度やパターンを観察します。

9 総合診断

9 総合診断

私服に着替えていただいたあと、脳神経外科医が面接により検査結果を詳しくご説明し、生活指導を行います。二次検査や治療が必要になった場合、当院の外来受診もお勧めできます。日頃感じている健康上の不安などを遠慮なくご質問ください。

10 受付

10 受付

検査終了後、会計窓口にて受診料金をお支払いください。
各種クレジットカードもご利用になれます。

後日

検査結果報告書

全検査結果を報告書にまとめ、ご送付します。健康管理にお役立てください。

脳ドックについてのよくある質問は、「脳ドック Q&A」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る