リハビリテーション科のご案内

脳卒中は脳がダメージを受けるために、身体に麻痺が残ったり、失語症に陥ったりするケースがあります。これらの後遺症を軽減するためには、発症後早期からリハビリテーションを開始することがきわめて重要です。当院のリハビリテーション科では、経験豊富なスタッフが、早期から入院中のリハビリテーションの指導・補助を行っています。

リハビリテーション科とは

リハビリテーション科

リハビリテーション科は、現在15名の専門スタッフにより、発症後早期からリハビリテーションを行っており、障害の軽減・改善を図っています。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がそれぞれの専門性を発揮し、患者さん一人ひとりにきめ細かいリハビリテーションを提供します。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料(1)

対象疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、慢性硬膜下血腫等、脳神経外科領域の疾患
発症直後の、入院中の患者さんを対象としています。

スタッフ

理学療法士 10名
作業療法士 3名
言語聴覚士 2名
合計 15名

リハビリテーション内容

当院では、患者さんが回復し日常の生活ができるようになるために、理学療法、作業療法、言語聴覚療法を用いてリハビリテーションを行っています。

理学療法

理学療法

「起きる、座る、立つ、歩く」といった基本動作の獲得を目指すリハビリテーションです。運動やマッサージ、温熱などの物理的手段を用いて運動機能の回復を促すとともに、身体を楽に動かせるように動作指導、姿勢の改善、そして障害予防に取り組みます。
患者さんに質が高く最新の理学療法を受けてもらうため、理学療法士一人ひとりが研修会やセミナーに積極的に参加し、常により良いリハビリテーションを目指し励んでいます。

作業療法

作業療法

トイレや着替え、入浴などのより応用的な動作、「歩いた先で行う行動」 の獲得を目指すリハビリテーションです。運動障害に対する機能訓練はもちろん、低下した機能を補うためにさまざまな道具を提供したり、必要に応じて実際に患者さんのご自宅を訪問して環境の調整を行うなど内容は多岐にわたります。また、脳血管障害で特徴的な高次機能障害と呼ばれる記憶や注意の低下に対する検査や訓練も行います。

言語聴覚療法

言語聴覚療法

主に、言語や発声・発音、聴覚、認知などのコミュニケーション機能に障害のある患者さんに対し、専門的な検査、訓練を行っております。
構音障害、失語症の訓練などのコミュニケーション面だけでなく、摂食・嚥下障害の分野に対しての支援も行っており、医師・看護師・管理栄養士など他職種と協力し、より安全で適切な食事提供、食事摂取ができるよう常に気を配っています。

訓練器具

リハビリテーション室では、日常生活の中での基本動作(立つ、座る、歩くなど)のほか、筋力や持久力をつける訓練、関節の動きや手足・指の細かい動きの訓練、柔軟性の改善など、生活をするうえで必要な動作訓練を行います。たとえば食事の用意、手洗いなど、実践的な器具や道具を用いて身体機能の回復を目指します。

治療台

治療台

ストレッチや筋力訓練、寝返りなどの動作練習を実施します。

ストレングスエルゴ

ストレングスエルゴ

脚の筋力測定や、定負荷での有酸素運動、筋力強化運動を行います。

起立台

起立台

電動でベッドが起き上がります。自分の力で立てない方の立位訓練などに役立ちます。

過流浴

過流浴

温熱効果と過流による刺激で循環の改善や疼痛緩和を促します。

キッチン

キッチン

実際に調理など行い、退院後の家事動作などを確認します。

歩行路

歩行路

リハビリテーション室だけでなく、退院後の生活を想定してスロープ・階段などで屋外歩行も行います。

当院のリハビリテーションの流れ

当院は千葉県共用脳卒中地域連携パスの中核病院です。
早期からのリハビリテーションで自宅退院を目指しますが、長期的にリハビリテーションの継続が必要と判断される患者さんには、当院と連携している回復期リハビリテーション病院をご紹介しています。

当院のリハビリテーションの流れ

ページの先頭へ戻る