脳神経外科のご案内

千葉脳神経外科病院では、脳卒中をはじめ、脳腫瘍、頭部外傷、その他の脳疾患など、さまざまな脳の障害に対して早期治療からリハビリテーションまで一貫した医療を行っています。

脳神経外科とは

脳神経外科の専門医だからできる高度な診断と治療を実践します。

対象症状

急な激しい頭痛、めまい、手足のしびれ・マヒ、顔面のけいれん、頭をぶつけた、ろれつが回らない、言葉が出ない、歩行障害など

対象疾患

主な検査内容

X線CT(X線断層装置)
頭蓋内や頚部の病変を調べます。くも膜下出血、脳腫瘍の診断などに威力を発揮します。
MRI(磁気共鳴断層撮影)・MRA
MRIでは脳梗塞、脳腫瘍、脳萎縮の程度、脊髄の疾患などを検査します。MRAでは脳動脈瘤、脳動静脈奇形などを検査します。
脳血管撮影
頭頚部の血管病変や血管の走行異常などを調べます。血管の狭窄や閉塞、脳動脈瘤などを見つけることができます。
SPECT(スペクト、断層脳血流撮影)
ごく微量のアイソトープ(放射線同位元素)を用いて脳内の血流量や腫瘍の有無を調べます。
頚部超音波検査
超音波を用いて頚動脈の動脈硬化の程度や血栓の有無を調べます。

治療

脳の疾患に対して、外科的治療を中心に総合的な救命治療を行っています。脳神経外科の手術は、手術顕微鏡を用いて病変部を拡大し、微細な血管の吻合、出血してたまった血腫の除去、脳腫瘍の摘出、くも膜下出血の原因である脳動脈瘤の止血などをきわめて綿密に行います。当院では、患者さんのご希望をいちばんに考え、投薬や高気圧酸素治療、化学療法、放射線療法などあらゆる技術を駆使して、最善の治療をご提案、ご提供いたします。

診療体制

当院では、患者さんが回復し日常の生活ができるようになるために、外科治療後も次のサポートを行っています。

SCU(脳卒中ケアユニット)

当院では2016年5月に、厚生労働大臣の定める施設基準を満たすSCU(脳卒中ケアユニット)を下記のとおり開設しました。

開設場所  2階病棟
病床数   6床
対象患者  脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等
SCU(脳卒中ケアユニット)とは
SCU(stroke care unit:脳卒中ケアユニット)とは、急性期の脳卒中専用病室のことで、脳卒中の専門知識を持つ経験豊富な医師、看護師、リハビリテーション療法士、医療ソーシャルワーカーの専門チームにより、脳卒中を発症早期から24時間体制でモニター監視のもと集中的に治療する病床です。
SCU(脳卒中ケアユニット)のメリット
2009年に発表された脳卒中治療ガイドラインでは、SCU(脳卒中ケアユニット)で治療することで、死亡率の減少、在院期間の短縮、自宅退院率の増加、長期的な日常生活動作(ADL)と生活の質(QOL)の改善を図ることができると明記、推奨されています。

当院は、脳梗塞発症後4.5時間以内の患者さんに血栓溶解療法(t-PA静脈内投与)を行っておりますが、脳卒中ケアユニットの開設により、より効率的かつ手厚い治療が行えるようになりました。
さらに当院は、脳卒中患者さんへ良質な医療を提供するために「千葉県共用脳卒中地域医療連携パス」における中核病院として、地域の医療機関と患者さんの病状や治療に関する情報を共有し、紹介・逆紹介を通じた地域医療連携を積極的に進めています。

ICU(集中治療室)

ICU(集中治療室)

手術後や重篤な症状の患者さんに対し、各種のモニターによって心肺機能を24時間監視しながら集中的治療を行います。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

脳卒中は脳がダメージを受けるために、身体に麻痺が残ったり、失語症に陥ったりするケースがあります。これらの後遺症を軽減するためには、発症後できるだけ早期からリハビリテーションを開始することがきわめて重要です。当院のリハビリテーション科では、経験豊富なスタッフが、早期からリハビリテーションの指導・補助を行っています。

医療福祉相談室

脳の病気にかかると、健康なときには思ってもいなかったような問題が起きてきます。
医療福祉相談室では入院・外来を問わず、患者さんが安心して療養し、一日も早くよい社会生活を送ることができるよう、医療福祉相談員(医療ソーシャルワーカー)が皆様の問題や悩みを共に考え、解決できるようお手伝いをしています。

経済的な悩み
医療費に関する制度を知りたい。
休職中の保障に関する制度について知りたい。
転院・退院に 関する問題
リハビリ病院・療養型病院・各種施設について知りたい。
退院後の社会保障に関する制度・地域の福祉サービスについて知りたい。
病気・療養生活に関する不安
入院中の対人関係がうまくいかない。
障害について知りたい。

かかりつけ医のご紹介

かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医とは、皆様のご近所の「クリニック」「診療所」「医院」などの先生方のことです。これまでにかかった病気のことや服用している薬のことなどを相談できる皆様のホームドクターです。
急性期の医療機関としての役割を担っている当院では、「検査や入院、専門の治療は病院で」、「普段の診察や投薬等の全身管理はかかりつけ医で」といった役割分担をお勧めしています。急に具合が悪くなったり、入院や検査が必要な患者さんは、「かかりつけ医」との連携のもと、当院に受診をしていただけるよう体制を整えています。

かかりつけ医との連携

医療連携課では、お近くのかかりつけ医をご紹介しております。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る