平成29年度 千葉脳神経外科病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
成人市中肺炎の重症度別患者数等
脳梗塞のICD10別患者数等
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 31 105 144 324 518 394 86

当院は脳疾患治療を専門としています。脳疾患の中でも脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の治療を中心としていることから60代以上の方が多い傾向となっております。

-:0または10未満

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 419 13.12 16.38 21.96 70.23
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 140 17.44 18.34 36.43 75.84
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 134 11.78 9.68 8.96 77.04
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 122 19.01 19.10 51.64 65.31
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 92 2.90 3.14 0.00 60.99

脳梗塞は脳卒中の中で最も多い疾患です。このため当院でも脳梗塞の方が非常に多い傾向となっております。
急性期治療を行っても症状が残っている場合にはリハビリテーション専門病院に転院し、リハビリテーションを行っていただくことで症状の軽減を目指します。
また、脳卒中以外の未破裂脳動脈瘤、頭部外傷や脳腫瘍などの治療も行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

脳疾患治療の専門病院であるため対象の方はいらっしゃいません。
‐:0または10未満

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明

‐:0または10未満

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 837 16.61 73.98 30.77
その他

当院は地域の急性期医療を行っている救急病院です。このため急性期脳梗塞治療の患者さんが非常に多い傾向です。
一方、急性期を過ぎても対象となる方には脳梗塞の再発予防のため手術を行う方もいらっしゃいます。
-:0または10未満

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 129 1.12 11.06 10.85 77.09
K178-4 経皮的脳血栓回収術 44 0.18 23.02 63.64 76.55
K1781 脳血管内手術(1箇所) 36 2.08 26.39 19.44 65.06
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 17 1.00 11.24 5.88 64.06
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 16 0.88 24.25 25.00 62.63

・慢性硬膜下血腫:主に軽微な頭部外傷が原因とされていますが、頭部外傷があったかどうかわからない場合も存在します。一般に外傷後3週間~数カ月以内に発症します。50歳以上の高齢者の男性に多くみられます。溜まった血液が多くなった場合には取り除き、症状の改善を目指します。
・経皮的脳血栓回収術:超急性期脳梗塞の患者さんで適応がある場合にはtPA(血栓を溶かす薬剤を点滴にて投与)や経皮的血栓回収術(カテーテルを使い、血管に詰まっている血栓を吸い取ったり、絡めとったりする方法)にて対応します。時間の制約があるため早期受診が必要です。
・脳血管内手術・脳動脈瘤頸部クリッピング術:脳動脈瘤に対する手術として脳血管内手術(カテーテルを使い、動脈瘤内にコイルを詰める)・脳動脈瘤頸部クリッピング術(開頭し動脈瘤にクリップを掛ける)があります。脳動脈瘤の位置や形状などによりそれぞれ向き不向きがあります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

この集計は医療資源を最も投入した傷病名が上記である場合のみ対象となっております。
ここでの合併症とは手術や処置の後にそれらが元になって起こることのある病気であり、医療過誤とは異なります。
合併する病気は様々ですが、注意深く手術等を行っても防ぐことができない場合もあります。
術前に可能な限り合併症についての説明を行った上、手術、処置に同意いただくよう努めております。
‐:0または10未満

過去の病院情報

平成28年度 千葉脳神経外科病院 病院指標

平成27年度 千葉脳神経外科病院 病院指標

ページの先頭へ戻る